損きり貧乏、
FXをやっていると
こんな心配がでてきます。

FXには予測どおりに通貨レートが動いていかないと、
損失を抑えるための安全弁として損きりがあります。

レートが上がると思っていたのが、
どんどん下がって行って、

そのままにしておくとどんどん
証拠金が無くなる危険性があるので、
トレードの中止をするのが損きりです。

さらにFXで利益を出せるチャンスってそんなにはないので、
損きりの連続では、どんどん証拠金は減っていく心配がでてきます。

でもFXは負けを如何に少なくしていって
勝てるときに挽回するのが、
基本中の基本です。

そういった場合には、
トレードを一旦ストップさせ方が、
冷静な判断力が戻ってきますから、
次のトレードで仕切り直しをして、
勝てるチャンスを呼び込んで行ったほうが良いのです。

FXトレードの怖いところは、
少しは利益がでていたのに、
欲を出しすぎたりして損きりのタイミングを
逃して大きく負けに転じてしまうときです。

FXで大金をものにした自慢話は
ネット上でたくさん紹介されたりしていますが、
それは夢のような話と思っていた方が良いと思いませんか?

FXをやっていく上で、
考えておかないといけないのは、
その人の証拠金の枠で出せる利益を追求していくことなのです。

どうしたら勝てるかという勝ちパターンは、
FXをやっていくと少しずつ身についてくるものです。

大金を動かせるプロのFXとレーダーとは違って、
少しずつ利益を積みあげていこうと考えていった人の方が、
FXをやって良かったとなる人なのです。

小額の投資でも、
お金を増やしていけるのがFX。

でもそんなに簡単にはいかないですよね。

今迄の為替レートの動きを
チャート分析するとか
経済情勢などのレートが動く要因で
今後の動きが予測できると
FXトレードのスタートです。

でも予測に反した動きになっていったときには、
損金が少ないうちに途中で損きりをして
トレードをストップしなければなりません。

損切りばかりをしていると
「損きり貧乏」になるので、
FXをやる意味がないのです。

ですからFXビギナーとしては、
少しでも利益が確保できたところで
すばやく決裁をして、

勝ち癖を付けていき
ご自分の勝ちパターンを組み上げながら
トレードをして見ては如何でしょうか。


ギャンブルには、
プロと呼ばれる人がいますよね。

競馬で飯を食っている人は
確かにいるのだそうです。

でもそれはプロの世界ですから、
普通の人がこれから儲かるからといってFXをやって、
自分が儲かるのかと言う疑問は誰でも持っています。

でもネットサイトでは儲かった人の話は多く紹介されていて、
自分もその一人になりたい気持ちは脹らませていきたいですよね。

そして投資には株やFXがありますが、
なんかしらで勝っている人は10~20%なのだそうです。

ですから自分がその勝ち組み入れるかは
難しいと考えるのは当然です。

でもFXに魅力を感じてやって見ようと考えたときに、
どう考えていったらよいかです。

それは今まで自分が新しいことに
チャレンジした時のことを考えれば
なんとか答えがでてくると思いませんか?

難しい試験に頑張って合格できたことがあれば、
その事をFXにあてはめて見ては如何でしょうか。


為替レートの上げ下げを予測できれば、
FXトレードのヒントになります。

その予測で一番大きいのが、
経済動向の動きです。

経済動向の動きには、いくつかのポイントがありますが、
今注目しなければならない経済動向には、
まず「経済指標」があります。

良くニュースで発表されている国の経済状況についての発表で、
経済が上向きだとか生産性の向上などの経済状況についてです。

そしてつぎが「金融政策」で、
銀行金利の上げ下げも多きくFXに影響します。

さらにアメリカの大統領が、「今後は、アジアへの進出強化」などと、
「要人発言」をして景気上昇への国策を打ち出すと
為替レートは上がっていくことが予測されるのです。

ですから、FXを始めていく第一歩は、
「経済指標」の読み方を学んで行くことから始まるのです。