FX市場を動かすミセス・ワタナベ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ミセスワタナベってなに?

FXをやっている人なら何度か目にしたことがあるであろう、
「ミセスワタナベ」という単語。

「着物トレーダー」とも 呼ばれていることから、
日本と深い関係があるのがよく分かります。

このミセスワタナベ(Mrs.Watanabe)とは、
個人のFX投資家の俗称で、欧米 (イギリスの経済紙)で名づけられました。

artelmedical.jpg


ミセスワタナベには円キャリートレードという取引が深く関係しています。
この単語は世界中の報道でも使われてい ます。
ちなみに名称の「ワタナベ」とは、
おもに日本の主婦の中でFXトレードをしている人をイメージしており、
ワタナベという名前=日本でよくある苗字と いうイメージが、海外では強いようです。

ミセスワタナベとFX取引

かつては素人的な存在で大して目立っていなかったミセスワタナベ。
現在ではミセスワタナベはFX市場を大きく動かす存在として、
プロの投資家からも注目されています。

「ミセスワタナベ狩り」という単語もあるくらいです。
また高金利通貨も買う傾向があります。

ですのでクリック365やFX会社の売買動向なんかを常日頃チェックしてると、
その傾向が一部ですが確認できます。

これを見ながらチャート見てみても、
なかなか面白いですよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://artelmedical.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、artelが2012年4月17日 15:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レバレッジは、FXの醍醐味の一つ」です。

次のブログ記事は「FXの基本は順張りトレード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3