2012年7月アーカイブ

FXの売買手法として、「順張り」というものがあります。
この順張りはFXにおいて基本とされているトレードなので、
ぜひ覚えていてほしいです。

順張りとは、相場が上昇傾向にあるときに
トレンドに乗ったトレードを行っていくことです。

簡単に言うと相場のトレンドに乗って売買をする(ポジションをもつ)、という方法です。

この順張りでは当然、価格が上がっている通貨を買って、
下落している通貨は売ってしまうことになります。

これに対してトレンドとは逆の売買を行う方法は「逆張り」と呼びます。
順張りと比べて先の展開を見越したトレードということになります。
順張りにも逆張りにもそれぞれメリットとデメリット がありますが、
FXの初心者におすすめするのは順張りの方です。

FX初心者に順張りトレードが推奨されるのは、
・利益がすぐに出るところと、
・先の予想になれない初心者にとってリスクが低いことが挙げられます。

相場の様子はテクニカル分析などですぐにでも分かります。
その分、トレンドが転換したときはすばやくロスカットしてしまうことが大切です。

またタイミングがずれるときもあるので、
テクニカルチャート を見ながらタイミングをつかむようにしましょう。

順張りは利幅は少ないですが、
デイトレードなどでこつこつ利益を出すのに向いていますよ。
私もやはり何日もポジションを持ってるのは不安ですし、
常に相場をチェックしなければいけない程、
緊張してトレードしてましたので超短期トレードに徹してました。

この経験を積んでくると、
スイングトレードもまた、指標発表時などのスキャルピングでも、
余裕を持って相場と向き合えるようになってくると思います。

このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3