ロスカットの設定でリスク軽減

| コメント(0) | トラックバック(0)
ロスカットの決め方は人それぞれあると思いますが、
だいたい50%以下のロスカット率を選ぶことになるでしょう。

ロスカット率を80%程度で設定していたら
すぐに損切りラインとなってしまって
取引どころではなくなりますね。

ロスカット率の決め方としては、
あなたがもしロスカットされたとして
失っても大丈夫な金額分のロスカット率を
設定してあげると良いでしょう。

痛くないくらいのロスカット率で
取引ができると安心して取引ができますね。

もう一つの考え方としてはそもそも、
ロスカットはならない方が良いですので、
出来る限り小さいロスカット率を設定してお
くというのも一つの手となります。

最低ラインでいくと20%くらいのロスカット率となるでしょうか。

このくらいのロスカット率で
設定しておいてあげれば、
もし全額投資したとしても
現在では4円程度逆方向に進 まないと
ロスカットにはなりませんので
昔のハイレバレッジ時代に比べたら
相当安心して取引ができるようになったものですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://artelmedical.com/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、artelが2013年4月18日 15:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FXで失敗する人」です。

次のブログ記事は「夏祭り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3